開業部会 業務お得情報⑬

開業部会 業務お得情報⑬

平成28年度に創設された東京都の「働き方改革宣言企業制度」に関わる奨励金をご案内します。
次回の募集は9月12日(月)です。顧問先への情報提供などにご活用ください。


【TOKYO働き方改革宣言奨励金】


都内企業の働き方・休み方の改善を推進する目的で、東京都は「働き方改革宣言」を行う企業等を募集しています。目標設定や取組内容を定めた宣言書を都に申請しますが、この支援に奨励金を活用することができます。(窓口:東京都労働相談情報センター企業支援係 03-5211-2248)

「働き方改革宣言」について、詳しくはこちらをご参照ください。
https://www.hataraku.metro.tokyo.jp/equal/hatarakikata/panfu-tan.pdf


1.対象企業

・都内で事業を営む企業・個人事業主等で、都内に勤務する常時雇用労働者を2人以上かつ6ヵ月以上継続雇用している
・都に納める税金を完納している
・10人以上従業員がいる場合は就業規則を作成し監督署に届け出ている
・奨励金の申請時点で「TOKYO働き方改革宣言企業」の承認申請を行っていないこと、また承認を得ていないこと。



2.申請の流れ

  ①WEBエントリー日 ②申請期限 ③取組実施期間 ④実績報告期限
第5回 9/12(月) 10/5(水) 11/1~ 1/31 2/28(火)
第6回 10/11(火) 11/7(月) 12/1~ 2/28 3/31(金)
第7回 11/10(木) 12/5(月) 1/1~ 3/31 4/10(月)


①受付日に下記WEBから事前エントリーする
https://www.hataraku.metro.tokyo.jp/equal/hatarakikata/josei/index.html
次回以降受付日:第5回9/12(月)140社、第6回10/11(火)140社、第7回11/10(木)150社
※受付時間:10時~15時
➡都から申請可能確定かメールで連絡が来る(予定数超の場合は抽選となり落ちることあり)
②申請期限までに、必要書類を揃えて指定された労働相談情報センターへ申請書を提出
➡都から交付決定通知書が来る
③取組実施期間内に、働き方改革に向け目標及び取組内容を設定、制度整備を実施
④報告期限までに、指定された労働相談情報センターへ実績報告を提出


2.受給額

①働き方改革宣言事業:30万円
②制度整備事業: 最大30万円 働き方の制度導入と休み方の制度導入それぞれ一つ以上
※最大計60万円


3.コメント

フレックスタイム制や朝方の働き方の導入など、柔軟に働ける労働時間制度を採り入れることで、残業を削減したり、休みが取りやすい会社に変えていき、ワークライフバランスに繋げる狙いがあります。
※以下の点を確認してから取り組んでください!!
「このような制度を作りたい」「残業削減や年休取得率アップに取り組みたい」 そして 「それを外に向けてアピールしたい」という企業にはお勧めです。
具体的な取組は、厚生労働省「働き方・休み方改善指標」を用いて現状把握から始めます。
http://work-holiday.mhlw.go.jp/diagnosis/company_top.html
その後、改革目標を掲げた「働き方改革宣言」は、ホームページ上で公表されますので、そのような宣言をしたくない・・と後から顧客から言われることがないよう、制度について理解したうえで、社労士としては十分に説明をしたうえで取り組むことが大切です。
すでに宣言している企業の内容については、次のホームページをご参照いただくと、公表内容がイメージできるかと思います。
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/equal/hatarakikata/sengensho/leadership.html


開業部会 木村晃子 片岡正美



このページの先頭へ