知って得するお役立ち情報②

自治体(市区町村)の助成制度


今回は、身近な自治体(市区町村)が運営している助成制度に関する最新情報をお届けいたします。国や東京都に比べると、金額的には小さいですが、機動性に優れた制度がたくさんあります。


• 千代田区

1. 事業所における備蓄物資購入の費用助成
上限10万円で、水や食料といった備蓄物資の購入を助成されます。千代田区内の事業所に限られ、私の顧問先企業でも利用しております。地震や台風の帰宅難民対策として、事業主の責任で最低限の備蓄は必須です。
https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/kurashi/bosai/shien/j-jose.html

2. 中小企業 仕事と家庭の両立支援
千代田区はワークライフバランスを応援しています。全部で6つの制度があり、今年度から更に拡充されました。交付金額は、1件当たり2万円~15万円となっており、区内の中小企業等が利用できます。
https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/shigoto/jigyosho/josei/ryoritsushien/index.html

3. 障害者を雇用する事業者への援助金
千代田区内で身体障害者・知的障害者・精神障害者を雇用している事業者に対して、援助金を支給します。(ただし身体障害者については、区内居住者に限ります)
1か月の援助金として、13日以上勤務すると20,000円、8日から12日勤務すると17,000円が支給されます。
https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/kenko/shogaisha/koyo/koyo.html


• 練馬区・中央区・台東区・江東区・豊島区・葛飾区

ホームページの新規作成又はリニューアルに伴う補助金を申請できます。金額は、区によって異なりますが、上限が5万円というのが一般的です。ただし、台東区のみは、外国語ホームページのみが対象となります。
ホームページの作成又はリニューアルには、多額の費用がかかります。起業してすぐだと、資金も豊富にありませんから、少しでも補助をもらえれば助かります。私のホームページも起業してすぐに中央区から5万円の補助を頂き助かりました。利用をご検討ください。


・練馬区
https://www.nerima-idc.or.jp/bsc/yuushi/hojokin.html#homepage

・中央区
https://www.city.chuo.lg.jp/sigoto/kigyonosinko/_user_shoukan_time.html

・台東区
https://www.taito-sangyo.jp/02-assist/gaikokuhp.html

・江東区
https://www.city.koto.lg.jp/102020/sangyoshigoto/chusho/hojokin/4643.html

・豊島区
http://toshima-biz.com/03_hojokin_hp.html

・葛飾区
http://www.city.katsushika.lg.jp/tourism/1000066/1004930/1004944/1004957.html

補助金や助成金というと、厚生労働省や経済産業省等をイメージしますが、身近な自治体を調べると、意外な制度があり、社労士事務所と顧問先企業双方の経営の役に立ちます。予算に限りのある制度ですので、必ず事前調査したうえでご利用ください。

※2020年5月18日時点の情報になります。

開業部会 小松 勝