千代田統括支部 例会及び第3回研修会(7月)のお知らせ

千代田統括支部発30第3号
平成30年 5月22日

各位

東京都社会保険労務士会
千代田統括支部
統括支部長 味園 公一
( 公 印 省 略 )

千代田統括支部 例会及び第3回研修会(7月)のお知らせ

向暑の候、皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、例会及び第3回研修会を下記により開催いたしますので、多くの方にご参加いただきますようご案内申し上げます。
なお、レジュメ印刷部数把握のため、研修会にご出席の方は、「イベント申込みページ」からの申し込みにご協力ください。

1.開 催 日 時

平成30年7月11日(水曜) 午後2時20分~5時00分

2.会   場

スクワール麹町 3階 錦華
〒102-0083 東京都千代田区麹町6-6  TEL:03-3234-8739
JR中央線 四ツ谷駅麹町口1分、東京メトロ 四谷駅四谷口3分
(地図・アクセス)http://www.square.or.jp/access/

3.例   会

午後2時20分~2時50分

・統括支部長挨拶
・東京会、千代田統括支部等に関する諸連絡
・新規入会者の紹介
・情報アラカルト

4.研 修 会

午後3時00分~5時00分

テーマ1
「ハマキョウレックス事件、長澤運輸事件最高裁判決が与える実務への影響とその対策」
講 師
岩谷・村本・山口法律事務所
弁護士 村本 浩 氏
内 容
現在、国会が紛糾し「働き方改革」関連法案の成立の見通しはついていませんが、同一労働同一賃金に関連する労働契約法第20条において、ハマキョウレックス事件、長澤運輸事件については6月1日に最高裁の判決が予定され、実務へ重大な影響を及ぼす判断基準が示されることになります。本研修では、これらの最高裁判決とこれまでの高裁・地裁判決を踏まえ、社労士として対応が必要な諸手当の支給基準や規定ぶり、定年退職再雇用の処遇の見直し等を解説いたします。



このページの先頭へ