必須研修会及び例会のお知らせ

千代田統括支部発28第14号
平成28年 9月9日

各位

東京都社会保険労務士会
千代田統括支部
統括支部長 味園 公一
( 公 印 省 略 )

必須研修会及び例会のお知らせ

 初秋の候 皆様におかれましては、益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
さて、東京会の事業運営の一環として、下記のとおり千代田統括支部必須研修会を開催いたします。ご多忙のこととは存じますが万障お繰り合わせの上、ご出席いただきますようご案内申し上げます。
なお、レジュメ印刷部数把握のため、千代田統括支部ホームページの「イベント申込みページ」からの申し込みにご協力ください。

1.日   時

平成28年11月15日(火曜日)
【昼の部】
[例会]13:30~14:00
[研修会]会長挨拶14:10~14:20  研修会  14:20~16:40

【夜の部】
[例会]17:20~17:50
[研修会]会長挨拶18:00~18:10  研修会  18:10~20:30

2.会   場

東京薬業健康保険組合 薬業健保会館 6階講堂(受付:5階)
東京都千代田区永田町2-17-2 TEL:3581-1231(代表)
東京メトロ 赤坂見附駅5分、永田町駅5分、赤坂駅7分
(地図)http://www.toyaku-kenpo.or.jp/member/info/facility_a.html

3.研修テーマ
及び講師

テーマ1
「社会保険労務士の職業倫理」(20分)
講 師
東京都社会保険労務士会 正副会長

テーマ2
「社労士実務に活かす、メンタルヘルス対策のノウハウ」(120分)
講 師
株式会社健康企業 代表・医師 亀田高志 氏

 近年、産業構造の変化や成果主義の浸透などを背景に、労働者一人あたりの業務量が大幅に増大し、業務の個別化が進展してきていることで、ストレスやメンタル不調で悩む労働者が急増しています。しかしながら、企業サイドとしては、理解や知識不足により、メンタル不調の予防や休職期間中の対応、職場復帰プログラムなどの具体策を練る段階で戸惑うことも少なくありません。

 このような現状のなか、企業経営を「ヒト」の側面からサポートする社労士には、産業医や事業主・企業の人事担当者などと連携し、メンタル不調を抱える労働者への早期対応及び円滑な職場復帰、就業継続に向けた正しい知識と行動が何より求められていると言えます。

 そこで、今回の必須研修会では、産業医経験が豊富で、産業医の養成だけでなく、メンタルヘルス対応の事業化の経験もある講師に、社労士実務における顧問先や勤務先のメンタルヘルスに関連する課題や問題に対して、どのようなことを理解し、どのように対応すべきなのか、その実践的なノウハウをご講義いただきます。

昼の部、夜の部ともにテ-マは同じです。昼の部は満席の場合、立ち見または入場をお断りすることがありますので、なるべく夜の部を受講されますようお願い申し上げます。

このページの先頭へ