千代田統括支部 例会及び第10回研修会(3月)のお知らせ

千代田統括支部発23第17号
平成24年2月7日

会 員 各 位

東京都社会保険労務士会
千代田統括支部
統括支部長 段下正志
( 公 印 省 略 )

千代田統括支部 例会及び第10回研修会(3月)のお知らせ

 余寒の候、会員の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 さて、例会及び第10回研修会を下記により開催いたします。平成23年度最終開催である今般は、元労働基準監督官であり、特定社会保険労務士の角森洋子先生を、兵庫県神戸市よりお招きしての講演になります。多くの会員にご参加いただきますようご案内申し上げます。

1.開 催 日 時

平成24年3月15日(木) 午後2時10分~4時45分

2.会   場

総評会館 大会議室

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11 TEL:03-3253-1771

東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅B3出口 徒歩0分
都営新宿線 小川町駅B3出口 徒歩3分
丸ノ内線淡路町駅徒歩5分、JR御茶ノ水駅徒歩5分
(地図)http://www.sohyokaikan.or.jp/access/index.html

3.例   会

午後2時10分~2時35分

・統括支部長挨拶
・東京会、千代田統括支部等に関する諸連絡
・新規入会者の紹介
・情報アラカルト

4.研 修 会

午後2時45分~4時45分

(1) テーマ

「労働基準監督署の監督指導の現状と最近の傾向について」

(2) 講 師

元労働基準監督官 神戸元町労務管理サポート 所長
特定社会保険労務士 角 森 洋 子 氏

(3) 内 容

「労働基準監督署の定期監督の対象事業場はどのように決まるのですか?」 「臨検監督の種類は何種類あるのですか?」といった普段では聞くことのできない 実務的な内容を中心に、定期監督で何を指導するのか、労働基準監督署の是正勧告を する権限とは何か、指導票を交付された後の対応や労働基準監督官の権限など、 元労働基準監督官としての豊富な経験談をお話しいただきますので、ぜひご参加下さい。

このページの先頭へ