千代田統括支部実務修習セミナー実施要領

千代田統括支部実務修習セミナー実施要領

(セミナー内容)

実務修習セミナー内容は、社会保険・労働保険全般の基礎的実務修習を中心に社会保険労務士が行う業務全般とする。
具体的には、なるべく申請用紙の原本を使用しての書類作成や演習問題、届出の際の注意点等の解説を行う。

(セミナー科目)

セミナー科目は、東京会が選定した12の科目(別紙記載)で実施する。

(開  催)

セミナーは、原則毎月1回(3時間)、1年間12回で実施する。
(カリキュラムは別紙記載)

(受講方法)

受講は全セミナー科目の受講を原則とするが科目ごとの受講も認める。

(受講費用)

1 科目につき 1,000 円(テキスト代別)を受講者が負担する。(当日会場支払い)

(テキスト)

テキストは、社労広報センター発行の「社会保険労働保険手続便覧」及び東京会指定のテキストを使用する。

(テキスト購入)

受講者は、受講科目数に関わらず指定したテキスト(手続便覧及び東京会指定テキスト)を購入し、テキスト代金として1,000円を受講者が負担する。
(初回受講時に会場で購入)

(受講修了証)

統括支部は、全研セミナー科目を受講した者について東京会に報告し、その報告を受けて東京会が受講修了証を交付する。

(事務所見学)

社会保険労務士事務所の見学を希望する者は、全セミナー科目の3分の2以上を受講した者に限る。
2.見学事務所は、統括支部長が推薦し選定する。

このページの先頭へ