千代田統括支部第4回研修会(8月)のお知らせ

千代田統括支部発R04第9号
令和4年7月吉日

会員各位

東京都社会保険労務士会
千代田統括支部
統括支部長 森 俊介
( 公 印 省 略 )

千代田統括支部第4回研修会(8月)のお知らせ

盛夏の候 皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、第4回研修会を下記により開催いたしますので、多くの方にご参加いただきますようご案内申し上げます。
なお、研修会にご出席の方は、「イベント申込みページ」から申し込みください。開催日前日までに「イベント申込みページ」記載のメールアドレスへ、ZOOMミーテイングのURLをお送りいたします。

1.開催日時

令和4年8月23日(火) 午後4時30分~6時00分

2.開催形式

ZOOMによる開催

3.研 修 会

午後4時30分~6時00分

(1) テーマ
テレワークに関する規定関係

(2) 講 師
株式会社リーガルス・テーション/NAC社会保険労務士事務所
特定社会保険労務士 岩﨑 仁弥 氏

(3)内 容
今年度の総務省の「通信利用動向調査」ではテレワーク導入企業割合は5割 を超えました。日本を代表する大手通信事業会社は、7月よりテレワークを原則とし、オフィス勤務は「出張扱い」にすることを決定しました。いまや、在宅勤務は「事業場外労働」ではなく「事業場内労働」であり、「転勤命令」なのです。政府は生産性の高い働き方としてテレワークを推進する一方、プライバシー保護の観点から「労働時間管理」の在り方の見直しまで迫っています。方や人事担当者は「評価の在り方」に頭を悩まし、まさしくテレワークは働き方改革phaseⅡともいうべき課題で我々社労士としては避けては通れません。短い時間ですが、これから取り組むべき項目について、コンパクトにお話ししたいと思います。

このページの先頭へ