千代田統括支部 例会及び第10回研修会(2月)のお知らせ

千代田統括支部発R03第19号
令和3年12月吉日

会員各位

東京都社会保険労務士会
千代田統括支部
統括支部長 森 俊介
( 公 印 省 略 )

千代田統括支部 例会及び第10回研修会(2月)のお知らせ

師走の候 皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、例会及び第10回研修会を下記により開催いたしますので、多くの方にご参加いただきますようご案内申し上げます。
なお、研修会にご出席の方は、「イベント申込みページ」から申し込みください。開催日前日までに「イベント申込みページ」記載のメールアドレスへ、ZOOMミーテイングのURLをお送りいたします。

1.開催日時

令和4年2月16日(水) 午後4時00分~6時00分

2.開催形式

ZOOMによる開催

3.例   会

午後4時00分~4時30分

・統括支部長挨拶
・東京会、千代田統括支部等に関する諸連絡
・その他

4.研 修 会

午後4時30分~6時00分

(1) テーマ
「業務委託契約書作成の留意点と2020年4月改正民法の実務」

(2) 講 師
井澤・黒井・阿部法律事務所 東京オフィス
弁護士 黒井  新 氏 

(3)内 容
コロナ渦で進んだ様々な働き方に合わせて従来からの雇用契約から、業務委託契約というより自由度の高い契約形態を選択する働き手も増えています。一方で、業務委託契約が実質的に労働契約であるとされれば、それに伴う労働法上の制限がかけられることになります。働き手の希望と法制度をどう調整するのか検討します。また、2020年4月の民法改正によって労働実務の及ぼす影響(身元保証契約、賃金請求権の時効等)についても概観します。

このページの先頭へ