千代田統括支部 第4回研修会(8月)のお知らせ

千代田統括支部発R03第5号
令和3年7月吉日

会員各位

東京都社会保険労務士会
千代田統括支部
統括支部長 森 俊介
( 公 印 省 略 )

千代田統括支部 第4回研修会(8月)のお知らせ

盛夏の候 皆様におかれましては、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、第4回研修会を下記により開催いたしますので、多くの方にご参加いただきますようご案内申し上げます。
なお、研修会にご出席の方は、イベント申込みページから申し込みください。開催日前日までに「イベント申込みページ」記載のメールアドレスへ、ZOOMミーテイングのURLをお送りいたします。

1.開催日時

令和3年8月25日(水) 午後4時30分~6時00分

2.開催形式

ZOOMによる開催

3.研修会

午後4時30分~6時00分
(1) テーマ
同一労働同一賃金の企業実務
~判決後の企業対応から学ぶ予防法務~

(2) 講 師
倉重・近衞・森田法律事務所
弁護士 近衞 大(このえ だい) 氏
第一東京弁護士会 所属 

(3) 内 容
同一労働同一賃金の企業実務をテーマとして、メトロコマース事件の主任弁護士をご担当されました弁護士 近衞 大氏に、企業側の観点からわかりやすく解説をいただく予定です。同一労働同一賃金の解釈や判例については皆様も十分に検討されているでしょう。しかし「ユニオンから非正規社員の住宅手当・扶養手当を支払えと言われた」「皆勤手当を遡って支払おうと思うが2年分?3年分?起算点は?名目は?」「非正規に賞与を支払う場合いくらにすれば良いのか?」など、いざ実務的に対応するとなると困難な問題が数多くあります。本研修では、実際に事件後も含めて実務対応をされた弁護士より、将来的な予防法務の在り方も含めてご講義いただきます。

このページの先頭へ